ヘルニアの原因と施術について

受付時間

東光院 0166-33-3087

永山院 0166-85-7727

ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 重いものを持ち上げた時に腰に激しい痛みが出る
  • 腰を曲げるとお尻や太ももに痛みや痺れが出る
  • お尻や太腿の筋肉が突っ張っている
  • 腰の痛みは取れたが痺れが残っている
  • 痛みや痺れで歩いたり、立ったり座ったりが困難

ヘルニアとは?|旭川市 重原整骨院・整体院

旭川市の重原整骨院・整体院には多くの椎間板ヘルニア患者様が来院されています。

身体の中の一部が、あるべき場所から出てきてしまった状態を「ヘルニア」と言います。お菓子に例えるとしたら、まんじゅうを上から圧迫した時にあんこが突き破って出てきてしまった状態です。

同じように、腰の骨(腰椎)の間にある、クッションの役割を果たす椎間板に起こり「腰椎椎間板ヘルニア」となってしまいます。10~40歳代の若い世代に多く見られ、頸から腰までどの場所にも発症する可能性がありますが、ほとんどは腰の部分で起こります。

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、程度によってさまざまですが、神経が圧迫されることにより腰痛、脚の痛みやしびれ、ひどい場合には感覚が無くなってしまったり、足が動かせなくなってしまう事もあります。おじぎをしたり、椅子に座るなど、前かがみの姿勢をとると症状が強まります。

ヘルニアの原因|重原整骨院・整体院

腰椎椎間板ヘルニアの原因としては、遺伝との関係、椎間板の老化、さらに喫煙も関係すると考えられています。背骨に負担がかかる動作をすることで発症することもあり、重いものを持ち上げる、引っ張る、体を捻る、長時間の座り仕事などがあります。

脊骨の周りには多くの神経があり、飛び出した椎間板の髄核が神経を圧迫し刺激することによって、痛みやしびれなどの症状があらわれます。椎間板ヘルニアでは激痛を訴える人が多いのですが、それは多くの神経が存在している脊骨の周辺で起こるためです。

症状がひどい場合は痛みで眠れないこともあります。腰に強い痛みを感じる病気に「ぎっくり腰」がありますが、椎間板ヘルニアの場合は、腰だけではなく、足のしびれや痛みも伴います。

ヘルニアの治療法|重原整骨院・整体院

椎間板ヘルニアの治療は、観血的療法と保存療法とに分けられます。観血的療法とは手術治療のことで、直接椎間板を摘出するもの、レーザーなどを用いて椎間板の圧力を減らし、ヘルニアを引っ込ませるものがあります。

保存療法は、投薬治療や注射、コルセットなどの装具療法、リハビリのことですがヘルニアによる神経の圧迫を直接取り除くわけではないので、どちらかと言えば痛みなどの症状に対する対処療法となります。激烈な症状や麻痺など重度のヘルニアである場合を除き、まずは保存療法を選択するのが一般的です。

よく、安静にするといいますが、治療の手段としての安静ではありません。腰に負担がかからない生活に注意し、できるだけ普段の生活を心がけることが良い結果につながります

当院の施術|重原整骨院・整体院

当院での腰椎椎間板ヘルニアの施術の目的は、痛みの根本改善を目指した施術を行っていく事です。そのため、問診と検査をしっかりさせていただき、患者様の状態を把握した上でベストな施術をご提案させていただきます。

具体的には、重度の場合は一度整形外科への紹介状を持って受診していただき病態を確認します。保存療法が適応ならば筋膜の状態を正常にする筋膜調整(筋膜リリース)、関節の動かし方、身体の動かし方を確認・調整するスタンサー測定、姿勢を維持したり、椎間内圧を上げてくれるインナーマッスル強化のためのEMS(複合高周波)などを行い、痛みを緩和させていきます。

また、神経症状が強い患者様に対しては、ハイボルテージ(高電圧機器)という機器を用いて、鎮痛を行ったりします。加えて、整骨院では珍しい体組成計分析(身体の体重や骨格筋量などを測定するもの)を用いて客観的に身体の状態を分析します。体重、体脂肪率、骨格筋量、水分量などを元に、食事指導や運動指導も必要に応じてさせていただいております。

旭川市でヘルニアでお悩みの方は、重原整骨院・整体院にご相談ください。

東光院へのお問い合わせ

重原整骨院・整体院 東光院

重原整骨院・整体院 東光院

住所
〒078-8343
北海道旭川市東光3条2丁目1-23
駐車場
22台完備

アクセス情報

LINE

お問い合わせ

永山院へのお問い合わせ

重原整骨院・整体院 永山院

重原整骨院・整体院 永山院

住所
〒079-8418
北海道旭川市永山8条19丁目1-15
駐車場
10台完備

アクセス情報

LINE

お問い合わせ