自律神経失調症の原因と施術について

受付時間

東光院 0166-33-3087

永山院 0166-85-7727

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 頭痛やめまい、耳鳴りのする時が多い
  • 胃や腸の調子が悪い時が多い
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない
  • 顔だけ汗をかく、または手足だけ汗をかく
  • 寝ても寝ても寝足りない

自律神経失調症とは?|旭川市 重原整骨院・整体院

旭川市の重原整骨院・整体院には自律神経失調症でお悩みの方が来院されています。特に、新型コロナウィルスによる在宅ワーク、社会不安、孤立を感じる方が増えた背景で、自律神経失調症でお悩みの方が増えているようにも感じます。

『自律神経失調症』とは、自律神経のバランスが乱れるために起こる様々な身体の不調のことを指します。あげられる主な症状として、頭痛・耳鳴り・疲れ目・動悸・息切れ・ほてり・手足の痺れや痛み・胃や腸の不快感や吐き気・下痢・便秘・肩こり・腰痛・筋肉の痛み・生理不順などがあります。

はっきりした内臓や器官の病変ではないため、症状の出現が不安定であり、個人差があるのが特徴です。自律神経失調症は特定された疾患名ではなく、身体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、身体の安静時や夜間に活発になる副交感神経の2つのバランスが崩れた状態を意味する慣用表現とされています。

最近は内科や整形外科などで検査をしても悪いところが発見されず、神経科や心療内科などの専門医を紹介されるケースが増えています。

自律神経失調症の原因|重原整骨院・整体院

人間関係や仕事・学校でのプレッシャーなど、精神的ストレスや過労、さらには光や音、温度などの身体的ストレスなどが原因になることが多いとされています。また、慢性的な寝不足や乱れた食生活などの不摂生が生体リズムを狂わせてしまうことが原因となる場合もあります。事実、自律神経失調症でお悩みの方は腸内環境が乱れている場合が少なくありません。

更年期障害では、女性ホルモンの分泌が減少することによって自律神経が乱れ、ほてりや頭痛、めまいなどの症状が現れることもあります。

また、多系統萎縮症の一種であるシャイ・ドレーガー症候群、パーキンソン病、レヴィ小体型認知症などの実際の身体疾患に伴う自律神経症状や、うつ病や不安症などの症状の一部として出現するものもあるため、鑑別診断が必要になる場合があります。

自律神経失調症の治療法|重原整骨院・整体院

基盤になる身体疾患があれば、それに応じた治療を行っていきます。心身のストレスに起因する自律神経の乱れには、可能な限り環境の整備を行います。

十分な睡眠を取って心身共に休息を図ること、規則正しい生活リズムに整えていくこと、過度の飲酒やカフェインの過量摂取などの習慣を改めることも重要です。

対症療法として自律神経調整薬や抗不安薬、睡眠薬などが用いられますが、依存性の問題のためベンゾジアゼピン系抗不安薬の長期使用は推奨されません。実際にうつ病や不安症がある時は、SSRIなどの抗うつ薬も使用されます。また、自律神経症状へのこだわり、とらわれが強い症状の方には、森田療法や認知行動療法などの精神療法(心理療法)なども適用されます。

当院の施術|重原整骨院・整体院

旭川市の重原整骨院・整体院では、自律神経失調症に対しての症状改善を促す施術を行っております。

自律神経を安定化させるためには、身体の骨格バランス、筋肉の緊張、栄養バランスを正常にすることが大切です。当院では、筋肉や筋膜にアプローチする筋膜調整、重心の位置を整えるスタンサー検査、骨盤を支えるインナーマッスルを鍛えるEMSなど患者様の症状に合わせてオーダーメイドでご提案させていただきます。

症状が重い患者様に対しては、ハイボルテージ(高電圧機器)という機器を用いて、交感神経の興奮の抑制を促します。

また、体組成計分析(身体の体重や骨格筋量などを測定するもの)を用いて、食事や栄養管理、運動についての指導も必要に応じてさせていただいております。 国家資格(柔道整復師)を持つ身体のプロフェッショナルが、どこに行っても改善しない自律神経失調症における症状の改善を促します。お気軽にご相談ください。

東光院へのお問い合わせ

重原整骨院・整体院 東光院

重原整骨院・整体院 東光院

住所
〒078-8343
北海道旭川市東光3条2丁目1-23
駐車場
22台完備

アクセス情報

LINE

お問い合わせ

永山院へのお問い合わせ

重原整骨院・整体院 永山院

重原整骨院・整体院 永山院

住所
〒079-8418
北海道旭川市永山8条19丁目1-15
駐車場
10台完備

アクセス情報

LINE

お問い合わせ