受付時間

東光院 0166-33-3087

永山院 0166-85-7727

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 起床時、最初の1歩目に足底やかかとが痛む
  • 歩行時、最初の1歩目に足底やかかとが痛む
  • ランニング時の足底の痛み
  • 運動前後の足底の痛み

足底筋膜炎とは|旭川市 重原整骨院・整体院

当院には足底筋膜炎でお悩みの方が多く来院します。

足底筋膜炎とは、マラソンなどの競技者に多く見られる、ランニング動作の繰り返しによる障害で、足底部のオーバーユースを原因として発症しやすいものです。

足底腱膜(そくていけんまく)は踵骨底側の内側突起から起こり、前足部に及ぶ厚い腱組織で足アーチの保持に重要な役割を持っている組織のことを示します。

症状としては、足底筋膜の踵骨付着部に荷重時に刺すような痛みが出ることや、同部位(踵骨底側よりやや内側から母趾内転筋の付着部)に圧痛が原曲することが多いが、内側縦アーチに沿って足底筋膜に圧痛がみられることもあります。

足底筋膜炎の原因|重原整骨院・整体院

足底腱膜は足部のアーチを保持しており、バネのように荷重時の衝撃を吸収する役割があります。

ランニングやジャンプ動作などで足部に体重がかかると、足底腱膜は繰り返しの牽引ストレスを受けます。そして、足底腱膜は変性、微小損傷を発生します。

また、足部のアライメントも重要で、扁平足の競技者は回内足を合併しやすく、中央部の土踏まずに痛みを存在しやすいのです。反対に、ハイアーチ(甲高)の競技者は足底腱膜の柔軟性が乏しく、足底腱膜を損傷しやすい傾向があります。原因の一端には、足底腱膜への負荷の増加(オーバーユース)、硬い路面での過度なランニング、下腿三頭筋や足底筋群の筋力低下、柔軟性低下などが挙げられます。

予防と治療|重原整骨院・整体院

足底腱膜炎の原因は、トレーニング量の増加や体重の増加による足底腱膜への負担の増加(オーバーユース)また、扁平足やハイアーチ、回内足、下腿三頭筋や足底筋群の筋力低下、柔軟性低下が主なものとお伝えさせていただきました。

その症状は、起床直後や休息直後の歩行時に足の裏に強い張りや痛みを感じることがあります。

歩き続けるとその痛みが消失していくことが多く、対処せずに進行してしまうことが多く見受けられます。そこで、このタイミングでトレーニングの強度や練習強度を見直すことが必要となってきます。

また、扁平足やハイアーチ、回内足、足底の筋力や柔軟性の低下がある方は、インソールやテーピングを利用して負担を軽減させることと、下腿三頭筋や足底筋群などの筋力の維持向上のためのエクササイズ、竹踏みやゴルフボールを利用した足底のマッサージなどを行うことをお勧めします。

当院の施術|重原整骨院・整体院

当院では、足底筋への負担を軽減するため、骨格バランス、筋肉の緊張を正常にする施術を行います。

筋肉や筋膜にアプローチする筋膜調整、重心の位置を整えるスタンサー検査、インナーマッスルを短期間で鍛えるEMSなど患者様の症状に合わせてオーダーメイドでご提案させていただきます。

国家資格(柔道整復師)を持つ身体のプロフェッショナルが、どこに行っても改善しない脊柱管狭窄症を改善へ導きます。

旭川市でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

東光院へのお問い合わせ

重原整骨院・整体院 東光院

重原整骨院・整体院 東光院

住所
〒078-8343
北海道旭川市東光3条2丁目1-23
駐車場
22台完備

アクセス情報

LINE

お問い合わせ

永山院へのお問い合わせ

重原整骨院・整体院 永山院

重原整骨院・整体院 永山院

住所
〒079-8418
北海道旭川市永山8条19丁目1-15
駐車場
10台完備

アクセス情報

LINE

お問い合わせ